記事一覧

別ジャンルtwitterより

(別ジャンルtwitterより)

死んだ人の年はもう数えないことにしてるんだけど、自分がいくつ年をとったか、は今でも考えてしまうなあ。
05-02 11:59

それまでとそれ以降の自分では、別人かもしれないというくらい差異がある。
05-02 12:00

すばらしい赤穂サイトさんを見て(だったと思う)

(別ジャンルtwitterより)

しかしこの筆者とはことごとくツボが合うなあ。私がこの物語ではなく事件に抱いた疑問やポイントと思ったことがことごとくかぶる。
合ってるかどうかは、私自身史料に当たってないから判らんけど、疑問に感じるのは自分だけじゃないんだというのは励みになる。
04-19 15:40

そりゃあ私とて本尊が。
04-19 15:46

どれだけアレであろうがどうであろうが、やっておれん付き合いきれんと思いつつ。それでも一朝ことがあったら。
04-19 15:48

そうせざるを得ない何かがあったのだなと思うわな。
04-19 15:48

それは盲信ではなく、かつて恩を受けたとかは関係なく、あの人は滅茶苦茶だけど、絶対にそういうことはしない、という、経験にのっとった信義である。
04-19 15:51

そこが納得できたら、それは存念を晴らさずばなるまい、という気分になるだろう。まああまりこんなこというのもあれだけど。
04-19 15:53

そうなんだよね、色々かぶるんだよねw
04-19 15:55

要するに、私の中にある淵に触れるものがあるから、共鳴するものを見いだしたから、興味を覚え、書くべきものを見いだしたといえるだろう。
04-19 15:58

別ジャンルtwitterより

(別ジャンルtwitterより)

そーいやkyoちゃんてどうしてんだと思って見に行ったら超頑張ってて胸熱。
むしろ当時よりいいんじゃないか。
03-03 00:09

死ぬまでには見に行きたいと思いつつ、なかなか合わないんだよなー…
03-03 00:10

好きになった時にはすでに解散してたから、そういう意味では本尊より伝説感がある。
し、あまり胸の痛い思い出がなくてkyoの思い出は一番「青春」的なイメージがあるかも。
03-03 00:12

ダイインの異様な安定感。
そうか、当時これ裏で並行してたから私何とか安定を保ててたんだな…
03-03 00:17

当時もそんなこと絶対口に出しては言えなかったけど、私全体の統一的なイメージとしてはデラとかダイインのが好みだったんじゃっていうw
03-03 00:21

ていうか、そこどまりでいればもっとこう…いや、言うまい。
03-03 00:21

一郎さんにメロメロな井上様は可愛かったねえ…いい時代だった……(おばあさんが語る昔話的な)
03-03 00:23

だめだ、私、たぶん何度生まれ変わってもこの道をたどることになると思う。
03-03 00:30

だからやり直したいかという質問にはいつもNOと答えることにしている。
03-03 00:31

辛い想いもしたけど、死んでしまいたいと何度も思ったけれど、それでも、出逢わなければよかったと思ったことはない。
03-03 00:33

むしろ、あの頃出逢ったものたちが私を今でも生かしめてるんだと思う。
当時の自分の生活から何からひっくるめて、輝くような記憶なんだと思う。
03-03 00:34

そうか、私にとってリーダーって……
03-03 00:48

いや。いやいやいや。「統一的なイメージ」とか関係ないわ。
どんなイメージであっても彼と彼らが最強だわ。
03-03 00:56

そうか、普段忘れてるけど、そういえば私がすきなのはスタンディング→サディスティック→スタッブの順だ。
別に美しいものを求めてるわけじゃないんだ。
03-03 01:14

あー心が洗われていくわぁ…
この無意味感というか世間からそっぽ向かれる感じが超すき。
03-03 01:22

何となくそういうところは、小野瀬のマイウェイが下手だけどすきだなあと思うところに受け継がれてる気がするw
03-03 01:23

そうなんだよね、情緒過剰なとこもあるけど、そればっかりでもない。
荒くたくて男くさくてへヴィな、でも水分の多くない刹那感がすき。爆音の中で快楽物質だだ漏れみたいな。
03-03 01:28

そうか、そういう感覚が、ちょっと「浪士」的な…
そういう土臭い、泥臭い、ガラの悪いものをイメージする時役に立つような立たないような。
03-03 01:30

サミットの雰囲気はちょっと近い。
あの中で一人白く輝けるあの人も凄いと思った。
一瞬後ろをよぎるだけでも判るもんなあ…
03-03 01:32

スタブ、「カミナリ様が落ちてきそうな」だったっけ。
何で1992年のがあんのか判んないけど。
03-03 01:40

……こんな、内臓かきむしられるような荒療治をしないと書けないのなら、ほんとに一つ書くごとに寿命が縮まっていくと思う。
03-03 03:32

とりあえず、どんな理由があれハナミズキに慣れるのはよくない。
Rainingと本人の春の曲と共に死にたくなるベスト3であってほしい。
03-03 03:34

この言語感覚。天才じゃねえか。
03-03 04:03

でもそうか、彼が本当に凄いのは、自分にない才能をみとめて、最後まで大事にしたことだ。
不協和音を起こさなかったことだ。
03-03 04:15

そのことが、今日にいたるまで、どれだけ私を救っているか。
どれだけ、多くの人を救っているか。
03-03 04:18

死んだから凄いんじゃない、元々天才だったんだよ。
リアルタイムで気付いてたんだよ。
っていうつぶやきが消えてる。まあいいけど。
03-03 17:03

しかし何か、さすがに現在の様々な惨状には震撼せざるをえない。
03-03 17:08

考えるだけでしんどくなってくるので考えたくないのに、やってることと直結するからこう…
03-03 17:13

別ジャンルtwitterより

(別ジャンルtwitterより)

生きてる気配を掴まえて、描写したいと思う、それは私にとって「萌え」にひどく近い。
02-21 06:08

「ジグソーパズルの、最後のワンピースのような」
02-21 06:34

何度も何度も繰り返し読み込んで、染み着いたはずなのに、さっきすらっと出てこなかった。
02-21 06:35

「好きなんだよ、でもこれじゃ足りないんだよ、って計算機をパチパチ叩くような」っていうのは覚えてる。
02-21 06:39

「逆にね、何に対してか判らないけど、闘志が湧いてくるというか」とか。
02-21 06:42

「手前味噌ですが、」とか、もう、大好きだった。
02-21 06:42

あの人の遺した言葉は、ほとんどすべて覚えてると思う。
02-21 06:43

古きよき時代の少年が、父の背中を見るようにして、彼を見ていた。
02-21 06:44

いや、それだけでもないけど。あれ、いつの間にこんな話に…
02-21 06:48

ああ、ジグソーパズルの最後のワンピースみたいなメロディ、に近いものを書きたいということか。
02-21 06:49

別ジャンルtwitterより

(別ジャンルtwitterより)

本尊の曲が聴きたいなあ。落ちるだけ落ちてもいい。
というか、落ちない気がする。
02-18 21:28

こないだ朝っぱらから届いたメッセージを寝ぼけながら再生したら、全身から力の抜けるような声と話し方で大変脱力した。
02-18 21:29

まーそうやって可愛こぶれるくらい元気ならいいよ…もう何でも。
02-18 21:30

別ジャンルtwitterより

(別ジャンルtwitterより)

何か微妙に本尊を想起させるビジュアルを見て、一瞬喜ぶとか燃えるとかいうより気分が沈みかけたんだけど、メッセージを見て和んだ。
よし。よしよしよし。生きていればいいよ。
01-02 00:37

私が一つ年をとるということは、彼が一つ年をとるということでもあるんだよねえ。
からだに気をつけてほしいわ。
01-02 00:37

かつて氷室京介がその年齢と知って「え、嘘でしょ???」と思った年齢くらいじゃない? ていうかヒムロックはじゃあいくつなの?
…も、もう考えないでおこう。
01-02 00:39

やっぱり気を抜くと真っ逆さまに落ちて行きそうになるけど、そこを上手くコントロールしていきたい。
去年から、割とそれが出来てるような気がしないでもない。
01-02 00:44

別ジャンルtwitterより

(別ジャンルtwitterより)

死んだ人の年を数えるのはやめた。でも、自分の誕生日がくると、その人との年の差を感じちゃうけど。
12-13 23:03

超えた時はショックすぎて泣いた。
12-13 23:04

死に目にあっていない、死に顔を見ていない、っていう状態だと、一抹の希望を残しちゃうよね。
12-13 23:04

萩行きのバスの中で

(別ジャンルtwitterより)

現実は常に小説を凌駕する。
リアルな人間が見せるドラマが一番尊く、切実で、そして面白い。
という当たり前のことを噛み締めてた
10-14 00:53

小学校の時の他愛ない約束から始まって、日本中敵にまわして戦う有名漫画があったなと思い出しながら、
いやいや小学校の時の約束から始まって、今や世界を相手に戦ってるおっさんらが私の誇りだよと思って胸が熱くなった。
10-14 01:01

しかもせっまいバスとかせっまい小屋とかって。10年前から、いや20年前から考えても、想像もつかない。
でも自分より一回りも上な彼らがそうやって戦って生きてること、本当に尊く、誇りに思う
10-14 01:03

○○三昧のはずが、そう、どこからか二時間くらい本尊三昧になってたのだった。
ここぞとばかりに普段(痛くて)聴けないような曲も聴いた。長旅にはもってこいね!とばかりに30分の曲までw
10-14 01:06

何かもういつも言ってるけど、本尊たちが生きて元気に走りまわれてて、好きなチームが勝ち進んでて、
○○に優しい世の中ならば、後のことは多少どうでもいいなと思う
10-14 01:12

独り言用twitterより

(独り言用twitterより)

日常のふとした折に思い出される暗部。そしてすこーんと落ちていく。

それでも、美しいものはまだある、と信じられるから生きてる。
かれらがまだ見せてくれるから生きてる。
あの人がいるから生きてる。
その大前提を思い出して、時折愕然とするけど。
どんなに言葉を繕っても、そうなんだから仕方がない。

ただあの人がこの世界に生きてるから生きてる。
どうか生きていてほしい。死なないでほしい。切実に思う。
それがひいては私を生かすことになるから。
このパラドクス。

別ジャンルtwitterより

(別ジャンルtwitterより)

ゴールデンなんちゃらはどのくらいの位置づけで書いたんだろうなあ…
初めて聴いたけど、即位10周年のとかと比べると…比べちゃいけないのか…
05-23 21:12

テーマ曲なら何とか博のが一番すきだなと思って今何気なく歌詞を検索したら、目が溶けるかと思った。
05-23 21:17

もう私とか黙って生きてろよと…
多少辛いめに合おうがどうだろうが、ガタガタ言わずに生きとけよと。何か色々おこがましいんだよと。
05-23 21:23

そういえばヅカか何かのための曲もすきだったな。
まあ要するに、何だかんだ、全部すきなんだ。
05-23 21:28

割とすき、と思うアーティストがいて、こないだCD借りて聴いてたりするんだけど、何か、それとこれとは違うって思ってしまう…当たり前か。
05-23 21:39

尊敬する方が色々その歌手のことを書いていて、ほおぉと思いつつ、やはり同じテンションでは受け止められない。
底に流れるものとか、経てきたドラマとかを基本判っていないと判らないものというのは、やはりあると思う。
05-23 21:41

たとえばスポーツのチームとかだってね。長年ずっと見てきた人と、上辺しか知らない人では、その一点やその一勝の重みが全然違ったりするだろうし。
05-23 21:43

リアルタイムで動いているものをすきになって、誰かとすきな気持ちを共有するのは、うまくいけば爆発的に凄いことになるけど、結構難しい。
05-23 21:44