記事一覧

好きなものに恥じない自分でありたい

(別ジャンルtwitterより)

一番その人に伝わる話し方を模索し、気持ちを偽ることなく必要な言葉を選んで話すことと、小説を書くことは、私の中でとても似ている。
前者につまづくことはないけど、後者にはいつも絶望する。でもこうやって力を持つ小説を読むと出来ないはずはないと信じられる。
08-15 15:07

20年も昔から、話す言葉に異常な力のある人を信奉してるというのがあるかもしれないけど。
08-15 15:10

どこのセミナーにも行ってないけど、相手をリスペクトしてきちんとそれを伝えるっていうのは、
多分本尊とか、好きチームの歴代の監督の影響が強いのかもしれない。
08-15 15:19

好きなものに恥じない自分でありたい。足りないけれど、心意気だけはいつもそう思ってる。
「普段あの人の言葉を聞いていて、彼らのことを勉強していて、それか」とは思われたくないというか。
あの人も彼らも私も、超卑小なところは勿論あるわけだけど。
08-15 15:30

確かに宗教がかってるな、と思う。
どこの宗派にも属してないけど、私が宗教を否定しないのは、そういう風に前向きになったり救われたりすることがあるのを知ってるからかも。
08-15 15:33